事例検討集

■事例検討集■~若手職員との関係に悩む上司必見!若手職員との接し方③~

このところハラスメントの研修依頼を多くいただきます。その際、必ず出てくる質問の中に「若手職員への接し方」があります。 そこで、今回も「若手職員との関係に悩む上司必見!若手職員との接し方」としてシリーズでお答えさせていただ…

■事例検討集■~若手職員との関係に悩む上司必見!若手職員との接し方②~

このところハラスメントの研修依頼を多くいただきます。その際、必ず出てくる質問の中に「若手職員への 接し方」があります。今回も「若手職員との関係に悩む上司必見!若手職員との接し方」としてシリーズで お答えさせていただきます…

■事例検討集■~若手職員との関係に悩む上司必見!若手職員との接し方①~

  このところハラスメントの研修依頼を多くいただきます。その際、必ず出てくる質問の中に「若手職員への接し方」があります。 そこで、今回より「若手職員との関係に悩む上司必見!若手職員との接し方」としてシリーズでお答えさせて…

■事例検討集■ ~女性活躍・ハラスメント規正法のポイント~

  今回は、女性活躍・ハラスメント規制法のこれまでの中で見えているポイントを まとめてみたいと思います。   今回の女性活躍・ハラスメント規制法では、セクハラ・パワハラ・マタニティー ハラスメントの3…

■事例検討集■ ~パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」~  番外編

  パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」番外編 「世代間ギャップを受け入れてお互いを理解する」をポイントに合わせた詳細を解説していきます。   これまで積み上げてきた職場環境は、社会状況…

■事例検討集■ ~パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」~  ⑦怒りの感情を行動に移さない

  残念ながら相手に対して「指導」や「指摘」をしようと冷静に「叱ろう」とした際につい感情的になってしまう ことがあります。 最初は、相手に対して「叱る」つもりでしたが、相手の反応を見ているうちにどんどんと感情 …

■事例検討集■ ~パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」~  ⑥態度や言葉遣いの見直しをする

  指導する上司が感情的になってしまい、高圧的な態度をとったり、あるいは複 数名で取り囲んで威圧する ような形はよくありません。上司も人間ですから、 ついカッとしてしまうこともあると思いますが、そこは 日頃から…

■事例検討集■ ~パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」~  ⑤指導回数を意識する。

  注意・指導の回数にも気をつける必要があります。最近よく上司の方から聞くのが、「パワハラになるといけない ので指導がしにくい」というご意見です。指導とパワハラの違いという部分は、いつも問題になる部分です。 上…

■事例検討集■ ~パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」~ ④ 適切な時間を意識する。

  部下への注意・指導は、通常必要な時間に留めましょう。必要以上に長い時間を かけるのはよくありません。 時間は、長くても20分までにまとめましょう。 また、叱っている時間の長さもそうですが、物事が起こって か…

■事例検討集■ ~パワハラと誤解されないための「7つの指導ポイント」~ ③ 相手の人格を尊重する。

  「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がありますが、仕事においても、憎むべきは 問題行動であって、 人ではありません。 上司の方には、この意識を強くもっていただきたいと思っています。   注意指導する…
  • よくある質問
  • ストレスチェック
  • 研修会・講演会のご感想
  • LINE予約