BigSmile news&blog

■医療従事者様向け■ ~こころのケアについて~

今回は、医療・福祉関係に従事している方々が直接対応する医療従事者におこる特有のストレス要因をみていきたいと思います。

① 感染者や遺体などに接した医療従事者に対する周囲からの偏見
② 厳格なバイオセキュリティのため行動制限がかかる
③ 医療の需要増大 → 厳しい労働スケジュール→職場への疲弊感の増大
④ 厳しい労働スケジュールや最前線で働く人に対するコミュニティ内の偏見のために、社会的支援の利用が減少
⑤ 基本的なセルフケアを実践するための余裕がなくなる
⑥ 感染に関する情報が不十分の患者に長期間暴露すること
⑦ 最前線で働くことにより特に強まる、他者(家族を含む)へ感染させることへの恐れ

上記が、医療従事者に起こる特有のストレス要因と考えられます。終わりがなかなか見えないだけでもストレス要因となるのですが、それ以上に働く環境や状況で受けるストレスの特殊性があることをまずは、お互いが理解することが大切です。そして、それを踏まえた上で、それぞれの立場で今できることを行っていきましょう。

次回は、対応策などをみていきたいと思います。

  • よくある質問
  • ストレスチェック
  • 研修会・講演会のご感想
  • LINE予約