BigSmile news&blog

●カウンセラーのつぶやき● ~新型コロナウィルス対策~ ②「コロナ疲れ」から「コロナうつ」へ

 

世の中では「コロナ疲れ」という言葉を耳にするようになりました。国や自治体からの不要不急の外出は控えるように要請があり、自宅に引きこもることが多くなりました。最初の頃は、外出を控える生活も楽しめるかもしれません。また感染症に対してそれほど不安のない人からすれば、大きな不安とならないかもしれません。ところが志村けんさんのような有名芸能人の死亡からコロナウィルスでの感染がより身近に感じられるようになったため、感染症の拡大が大きな「不安」となる一方で、自宅に引き篭もってばかりの終わりの見えない生活への「不安」などが大きな「ストレス」となってしまいます。そして、このような「ストレス」から「疲弊状態」となり「コロナ疲れ」となるのです。また「コロナ疲れ」からどんどんと不安が募ることでの「コロナうつ(コロナ鬱)」といった状態に陥ってしまうケースも出てきているようです。ストレスは物事をどのように受け止めるかによっても、違ってきますが「コロナ疲れ」から「コロナ鬱」にならないようにするためにも以下4つのポイントに注意して生活するようにしていきましょう。

1. 正しい感染予防に取り組むようにする(ネットの情報に左右されない)
2. 過剰に反応しないよう工夫する(ネットの情報に左右されない)
3. 免疫力を高めるような生活をおくる(睡眠はなによりも大切)
4. 緊張緩和できる方法を身につけておく(何か集中できることを見つける)

 

産業カウンセラー
 大槻 久美子

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • よくある質問
  • ストレスチェック
  • 研修会・講演会のご感想
  • LINE予約