ホーム>ニュース>研修会講演会のご感想

研修会講演会のご感想

●ご感想●教育現場関係者対象「メンタルヘルス講演会 睡眠について」

 

教育現場関係者対象として「メンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・睡眠について知りたいと思っていたで今回の研修は、とても面白かったです。

・日頃、睡眠について考えてこなかったことに気づかされました。

・自分が知らず知らずのうちにストレスを感じていた。睡眠は、量でなく質が大切とわかりました。

・睡眠は、長くてもいけないということを知りました。

・夜寝る前のアルコールは、眠りにつながらないことは初めて知りました。

・長時間労働などの開く証券の中での対処療法として参考になりましたが、抜本的な問題解決が大切だと改めて感じました。

・生活、仕事の質を高めるには、睡眠の質を高めることが大切だとわかりました。

・眠りすぎてもよくないということがデータとして出ていたので面白かった。

 

忙しい中多くの方にご出席いただきありがとうございました。
 

産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想●教育現場関係者対象「メンタルヘルス講演会」

教育現場関係者対象として「メンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・受容してから聴くとか、相手の言葉を伝え返すことなど一番大切なことをリズミカルに教えていただき、とても分かりやすかったです。Iメッセージ(私は~)も実感しました。とてもいい時間でした。楽しく和やかにお話を聴けてよかったです。ありがとうございました。

・お世話になりました。タイムバジェットを実際に書いてみると、改めて仕事に多く時間を使いすぎていることが分かりました。シンデレラタイムをとれるようにがんばります。アドバイスでは人は変わらないということが納得できました。

・毎回為になる話を聞かせていただきありがとうございます。自分もそれなりに経験を積んだ立場にいるので、周囲に「頑張ったね」「有難う」と言えるように余裕を持ちながら仕事をしていきたいと思います。実際はストレスを感じたり長時間労働をしている同僚もいるので組織としてどう対応していけばよいかという点が課題だと思います。後半の話を来年またじっくり聞かせてもらえたらと思います。

・コミュニケーションを妨げる12の聴き方のところで、色々な口調で言われたことに、日頃の自分の振り返りをすることができました。自分で気づき反省する機会がもてたことがありがたかったです。

・相談したい人はどんな人か考えると同時に、自分は相談されたい人の要素を持っているか考えた時、足りていないものが多いことに気づきました。求めるばかりでなく自信を磨くことが必要だと思いました。

・うまく人とコミュニケーションをとる上で、どのような聴き方や言い方(伝え方)をすれば、人に嫌な気持ちをさせることなくやりとりできるのかよく分かった。職場でのコミュニケーションだけでなく、家庭での育児などでも生かせられると思ったし、聴き方や伝え方について見直していきたいなと感じた。ありがとうございました。

・相手に対する思いを、言葉を変えるだけで受け取り方が全く変わることを知りました。日常的に自分の考えと違う相手に自分はどう話しているか?どう接しているのか?を振り返ることができました。生徒に対してもきちんと気持ちを聞いて理由を言いやすくしてあげることの大切さを知りました。ありがとうございました。

・相手の身になって、立場に立って話をすることの大切さがよく分かった。言葉ひとつで相手が気持ちよく仕事に応じてくれたり頼みごとに応じてくれたら、組織(職場)はうまくまわるのではないかと思います。管理職だけではなく、同僚間でも同じことですね。

・具体的なお話で、ハッとしたりなるほどと思ったりして、とてもよい研修でした。お互いに相手の事も自分の事も気遣えるような職場を作っていくことが大切だと思いました。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想● 管理職学習会「職場で取り組むメンタルヘルス対策 ~事例を踏まえて~」

 
管理職対象として「職場で取組メンタルヘルス対策」を行いました。

前半は、職場でのメンタルヘルス対策の基本の講義、後半は、職場でよくある事例をもとに皆で皆で対応策を考えました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・外部講師を招いての今回の学習会、理解しやすくとても参考になった。メンタルヘルスのベースラインや現代社会におけるメンタルヘルス対策の位置づけなど学ぶ要素が高かったと感じた。メンタルヘルスの対応対策について『全ては予防』とおっしゃっておられたのが印象的で今後の職場運営・自分自身にも活かしていきたい。

・ ストレス対策のベースラインを認識した。すべて予防をしていく視点が大事である。  一次予防でしっかり強化することの大切さ、長時間労働をしないように意識と仕組みを考えていく  管理監督者である私達の役割が非常に重要なことが再認識されたのと同時に我々のセルフケアも大切であると感じた。(管理職が心身共に健康でないといけない)メンタル不全も複雑化していることが認識できた。

・今回の学習も色々と学び、考えさせられました。多くの労働者が場合によっては人知れず苦しんでいることがあり、そんな労働環境を出来ることなら少しでも改善したいと思います。自分が出来ることとして、まず大切にしたいのは「気付くことから全てが始まる」ということです。日頃から気にかけていないと相手の微妙な変化に気付けない。それ故に一人ひとりに対してより関心を持てるようにしていきます。次に、実際に向き合うことが必要となった時に「相手の立場になることを意識する」ことを大切にしたい。自分の思い込みをどうしても優先してしまいがちですが、例えば話し合いの時には、その場を鳥瞰視できるぐらいの客観性を常に持ち得られるようにしていきます。心の病は簡単には治らないと聞いています。すでに苦しんでいる方に対しては勿論ですが、次にそうなる可能性のある方に対しても積極的に手立てを施して、貴重な人的資源からの損失を最小限にしたいと思います。

・職員のメンタルヘルス不調を聞くにつけ、自分の部局の職員がもし不調を訴えたらどう対応すればいいのか?また、復職して配属されてきた場合は?と常々思うところがありましたので、大変役立つ内容でした。仕事をする以上、メンタルヘルスの不調は誰もが背中合わせの問題であり、何より予防が大切なことが理解できました。労働安全衛生の大きな課題として、させないための環境づくりと併せ、「ならないための自分ケア」も教育の一つしていくことが必要だと思います。また、仕事する中で良い方に大きく変化する人も見てきましたので、成長したり立ち直ったりする機会もやはり職場にあると思います。そういう意味では「職場づくり」がとても大切なことだということも再認識しました。

●ご感想●教育現場関係者対象「メンタルヘルス講演会」

教育現場関係者対象として「メンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・実体験を交えてわかりやすいお話で大変よかったです。

・ストレスへの対処や聴くことの大切さを学びました。今後に活かしていきたいと思います。

・とてもわかりやすい内容でした。心の余裕がなくなってきていると日々感じていましたので、気をつけたいと思います。

・ストレスでとてもしんどい時にどうしたらいいか対策を教わり大変参考になりました。講師の方が歯切れの良い話し方でまとまりのある講演でとてもよかったと思いました。

・わかりやすい講演で元気が出ました。職場で孤立することがないように声をかけあって勤務できるようにしたいです。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想● 自治体関係者対象 「メンタルヘルス講演会」

自治体関係者対象として「メンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・実体験も交えてとてもわかりやすい説明でした。職場でも「気づき」、職場でメンタルの方を出さないような環境作りをしたいです。

・導入の話から話にリアリティと説得力がありわかりやすかったです。全てにおいてその人の状態に気づく事ができる余裕と人間関係が大切だと思います。そんな職場にしたいです。

・何度も聞いた事のある話ですが、講師の方のお話が上手く、最初から最後までしっかりと聞く事ができました。

・職場でのメンタルヘルスへの心構えが少しでも身につけることができた研修であった。今後も継続開催してほしい。

・休職者が職場にいるので復職に向けた対応をどうしていくかを考えさせられた。

・予防するためには自分のストレスにとっても相手の不調にとっても「気づき」が重要であることがわかった。気をつけるポイントが細かく紹介されておりわかりやすくてよいと思った。

・メンタルヘルスについての認識が甘かったと気づかされる講義であった。講師の方のテンポや講義内容も素晴らしかったです。

・今まで受講したメンタル対策の講義の中で大変参考になることが多いと感じた。特にあいさつ運動やアドバイスのスタンスについては取り入れていきたいと思う。

・メンタルヘルス以外にも職場のコミュニケーションに応用できる内容だと感じた。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想● 教育現場対象 「メンタルヘルス研修会」

教育現場対象として「メンタルヘルス研修会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・  具体的な例を示され、今後の生徒指導に大変参考になった。

・  部活の指導などで、どうしても期待感から感情的に叱る(?)怒る(?)ことが多くなりがちなので「自分の叱り方のタイプを知る」ことは、自分を客観的に考え直す機会を持つことができた。また、「相手のタイプ」を知ることも考えさせられた。

・「叱る」と「怒る」の区別に相手、自分主導の意味合いを認識できた。自分の問題なのか、相手の問題なのか意識できていないなぁと反省できた。

・  具体的なことが多く、仕事の中ですぐに活かせることが多くてよかった。

・叱ったり、ほめたり、動かしたりというのは、上下の関係が前提だと思いますが、職場では提案したり、批判したり、のほぼ横の関係での難しさを感じることが多いことに気づきました。

・  コミュニケーションに関することは、すぐに活用できるのでありがたい。

・  充実した時間でした。ためになった。以前から感情で話をすると意味がないことであるのはわかっていたが、今日は、では具体的にどうすればよいかを聞くことができ、今後に活かしていきます。

・みんなで話し合うことがコミュニケーションを持つにつながって貴重な時間でした。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想● 働く女性対象 「働く女性のためのメンタルヘルス講演会」

 

働く女性対象として「働く女性のためのメンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・  職場の人間関係で一番ストレスを抱えていました。ヘルプサポートの使い分けがよくわかりました。職場で伝えていきたいと思いました。

・  とても分かりやすい話でした。ぐいぐい引き込まれる感じで、時間も忘れるくらい聞き入っていました。元気が出ました、ありがとうございました。

・「そうそう、あるある」とか思いながら自分に当てはめながら聞かせていただきました。わたしも最近忙しすぎて、自分のことを振り返る時間を持つことが出来なかったので、少しゆっくりしてみようかなという気持ちになりました。

・  「女性の元気は社会の元気」とてもいい言葉だと思います。今日の講演を聴いて明日からの自分にシンデレラタイムを作ろうと思いました。今後もこのような講演が聴けたらいいなと思いました。

・毎日、夫と母にストレスを感じています。そんな中で自分のためのシンデレラタイム、思ったことを紙に書く、実行したいと思います。

・  元気とリラックスが出来た講演でした。盛り沢山の内容で本当にいろんな事を教えていただけたと思いました。家でもう一度、冊子を見直しゆっくり思い起こしたいと思いました。

・  ひどい労働条件では働いていらっしゃったというお話を聞くと怖くなりました。ものすごく無理をして働いていらっしゃったんだなと思いました。自分が更年期障害の時、とてもしんどかったときのことを思い出しました。今日のお話を聞いていると、自分の心を分析でき、ストレスも大切、感情を豊にすることもとっても大切、と思いました。来週からまた元気で働けそうです。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想● 組織一般対象 「メンタルヘルス学習会」

●ご感想●

・あっという間の1時間30分でした。知らないことをたくさん学べて良かったです。

・「うつ」などと聞くと、自分は大丈夫と思っていたが、このごろ他人事ではないと思うことがよくある。そうならない様にしたい。

・大変わかりやすく良かったです。自分のことや職場を見つめ直そうと思います

・メンタルヘルスの学習を通じ、「セルフケア」が自己のストレス背景に気づくことであり、仕事のストレスで発症したうつ病・メンタル不全に職場の正しいコミュニケーションの取り方が重要であることを痛感した。

・大変わかりやすいお話で、よく理解できました。誰でもなりうる可能性のある新型うつ病、なんとなくしか病状を知りませんでしたが、複合成のものであることを今日知ることができました。今後、職場で実践できそうなことを教えていただけたので取り入れていき、快適な環境が築いていけたらいいなと思いました

・職務で受けるメンタルヘルスと違い、掘り下げた内容も勉強になりました。

・ストレスをため込む理由は個人差があるが「世代間ギャップ」「「現代型混合性うつ病=新型うつ病」、「コミュニケーション能力」が不足な人たちが登場することを知り、多様な知識・・・自己の先入観を排して正しい知識で向き合う必要性を学んだ。

・とてもわかりやすく説明してくださったので、聞きやすかったです。新型うつのことはとても興味を持ちました。発達障害など、背景に色々な問題があることが分かりました。自分がサポートすることも、自分でストレスを発散することも意識していきたいと思います。ありがとうございました

・メンタルヘルスの指針による事業者側の義務についても体系的な知識を得た。リスクマネジメントで職場を訴えることが難しいです。同輩や上司を訴える場合もあることを知り、もはや他人事ではない。健全な職場環境を作る上でも、より深く学びたい。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想●パート・臨時職員対象「働く人の元気の出る講演会」

パート・臨時職員対象で「働く人の元気の出る講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・「頑張ってしまう」ことが知らず知らずストレスになっていることもあると知り、自分の周りにもいろいろな状況がうまれているのだと感じるきっかけになりました。私も頑張り過ぎないようにします。

・職場環境を良くしていくヒントがいっぱい聞けました。うつ病の人にどう対応して良いのか迷うところがいっぱいありましたが、スッキリして私が元気になりました。多くの人に話してうつになる人を少なくしたいです。ありがとうございました。

・自分自身に当てはまることばかりでとっても参考になりました。

・メンタルヘルスの話はとても参考になりました。今は大丈夫でも、ストレスを感じた時には今日の話を思い出したいと思います。

・大槻さんのメンタルヘルスの話はとてもわかりやすく楽しかったです。来てよかったと思いました。

・大槻さんの話はよくわかり、大変役に立つ内容でした。職場で是非役立てていきたいと思いました。また聞いてみたいです。

・メンタルヘルスの話はわかりやすく、すごく参考になりました。気になる友人がいるので、聴くことを大切にし本人が元気になるといいなぁと思います。人間関係で楽しく一緒に仕事ができる職場になるといいですね。

・とても良い講演でした。今、周りで自分の気持ちを維持していくことが難しい人が増えてきました。聴くことも難しいことだと思いました。

・とてもよかったです。自分自身のためにもすごく参考になりました。仕事だけでなく様々な役割を持っている大変さを自覚しつつ、うまく対処し、スパイスにできたらいいなぁと思いました。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想● 市民講座 「こころの健康づくり講演会」

市民講座で「こころの健康づくり講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・自分をみつめ、不快なことを我慢せず、誰かにしゃべります。自分らしく生きたいです。

・とても分かりやすく整理された話でよかった。

・これからの生活に大変役立ちました。

・ストレスというものを再度認識することができました。ありがとうございました。

・60歳代で行くのを考えましたが、出向いて行って良かったと思いました。また、聞きたいです。

・メンタルヘルス対策、特に参考になりました。

・タイムバジェット法を実践したいと思います。

・資料がわかりやすかった。楽しかったです。

 
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子
ページ上部へ