ホーム>ニュース>研修会講演会のご感想

研修会講演会のご感想

●ご感想●教育現場関係者対象「ハラスメント講習会~アンガーコントロール~」

 

教育現場関係者対象として「ハラスメント講演会~アンガーコントロール~」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・事例を3つ挙げてもらったのが分かりやすかった。ハラスメントの定義になるかどうかということよりもみんなで話し合ってお互いが納得できるようにすることが大事なのかなと感じた。ただ、互いの認識がずれている場合もあるので、その時はハラスメントの定義のことも考えられたらよいのかなと感じた。現場で話し合っていく時のコツのようなものがあればそれも教えて欲しい。個人的には、ハラスメントだと認定された後に、現場の人たちがどのように話し合っていったのか知りたい。

・アンガーマネジメントをより詳しく知りたいと思いました。ハラスメントの整理が頭の中でできたのでよかったです。

・現在、職場に関して大きな不満はない。しかし、正しいことを話しているが言葉を考えてほしいと感じることがある。
人とのつきあい方が難しいと再び考えさせられました。

・「自覚していないことを自覚させていく、自覚していないことを自覚していく。なぜこうなっているのかを話し合える」を学ばさせてもらいました。

・個人の耐性の変化によるハラスメントが起こるのはよく理解できる。
「あいさつが出来ない」「あいさつをしない」人が増えているが、これは不審者等に対して小さいころから声をかけられても話してはいけない等の幼少からの教育が引きずっている。ダメではないが難しい世の中になっているので、言葉一つ一つにも注意しなければいけないと思う。前向きな言葉を出す意識で生活したい。

・納得できる判断や事例がたくさんありました。「なべぶた組織」の上に、年配を超えて若年が「中間管理」的役割をまかされており、苦労しています。ただ、今日のお話を聞いて少しヒントを得られました。ありがとうございました。

・本日はありがとうございました。不安、イライラ、怒り・・・自分の中では表面に出さないようにしている気がします。「どのようなことでもポジティブに受け止めよう」それが正しい、自分にとって楽である、という思いもあります。職場環境はまだまだ改善すべき点があると思います。自分にできることを少しずつ。「この職場で働けてよかった」と思える場にするために上に立つ人は特に意識してメッセージを発信してほしい。強い人は生き残り、弱いものは倒れる可能性はまだまだある。

・今回の講演はスッキリしました。実際、職場に返すと難しさがあると思いました。当事者、関係者であると、言いづらく空気を読む雰囲気が出来てしまいがち。個人的にも相談に乗ってほしいと思うほど、わかりやすい講演でした。第三者が入って交通整理をしてもらうことが必要かと感じました。

・コミュニケーションが大切な仕事なのでとてもためになりました。自分の言動を振り返って、自分の職場をよく見てよい職場を作っていきたいと思いました。

・些細なことがおそらく多々あるのかもしれない。アンテナを高くしていかなければと思う。

●ご感想● 福祉施設職員対象 「メンタルヘルス講習会」

福祉施設職員対象として「メンタルヘルス講習会」を行いました。
たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・他の職員の傾向が知ることができてよかった。

・ワークを交えながらの講義だったので、わかりやすく、自らの感情の動きなども明確に分かったので、長時間の研修でも苦ではなかった。

・福祉職に携わっているとこでの自己覚知は大事だと思いますが、それを改めて考えさせてもらい、人のタイプのとらえかたから付き合い方までふれることができてよかった。

・対人関係の重要性、相手を知っての付き合い方など、今後、職場で利用者との関係作りや職員との関係作りにおいても参考になった。

・普段何気なく発している言葉で、相手にストレスを与えていることがあるということを認識することができ、今後仕事をする上で役立てたいと思った。

・今までしんどくなる人を見てきているので、最悪の事態を招く前に止めることをみんなでやっていく必要性を感じた。

・改めて人間関係は難しいと思いました。

・ストレスの問題では、まずは気づくこと、そして話を聞くことの大切さを改めて学びました。

・相手の立場になり、相手を思いつめることの無いような行動をしたいと思いました。

・今まで障がいについての研修しか受けていなかったが、メンタルヘルスについて考えられたことが良かった。

・「余裕」「共感」がキーワードでした。常々、仕事の中で心している言葉なので、「やっぱり」と言う思いです。

・傾聴するということについて、そのつもりでいても相手が家族だと、「ついこれだけは」とか思って意見を言ってしまうことがあると、改めて気がついた。

・鬱になってしまった人を、具体的にどうサポートすべきなのかの情報共有はしておくべきだと思う。

・一人の職員のメンタルヘルスが、職場、利用者に与える影響の大きさを考えさせられ、負の要素(職員のストレス・感情のコントロール・職員の関係の悪さ・しんどいとはいえない環境)が職員の質の向上につながっていない、職員の共通認識について、もっと学んでいきたい。

●ご感想●団体職員対象「ハラスメント講習会」

団体職員の方を対象として「ハラスメント講習会」を行いました。
たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・とても勉強になりました。自分の職場に置き換えて考えてみました。たくさん合いすぎて職場での学習会を開き働きやすい職場にしていけたらなと思いました。

 

・いまドラマ等でもハラスメントについて上がっていたので参加してみました。自分の職場でもハラスメントについて話す機会を設けたいとすごく思いました。またこういう機会があれば参加したいと思いました。

 

・とても勉強になりました。労働相談でもハラスメントの問題は少なくありません。相談を聞く側としてハラスメントの学習は必要なのでいい機会でした。

 

・労働組合の中でも学習したいと思いました。ただ、組合がある職場には相談する場があるけど組合がない職場になると「自己責任」という事を押し付けられている可能性があると思います。今日、学習したことを組合の中で共有したいと思います。ありがとうございました。

 

・ハラスメントの定義について基準となるものを知ることが出来て良かったです。パワハラをなくすために何をすべきかマイナスにとらえるのではなくよりよい職場をつくるための方法を考えるといったプラスにとらえていくことも必要であると感じた。

 

・判断基準を知ることが出来たので今まで自分がこうだと思い込んでいたこともあるのでもう一度勉強しなおしていきたい。上司や後輩との日ごろからのコミュニケーション、お互いの思いをしっかり聞きながら風通しの良い職場をつくっていくことが必要だと感じた。

 

・今日の学習会は大変勉強になりました。「ハラスメント」という言葉が誤読というか独り歩きしている感が新聞・ニュースを見る度に思っていました。現代の表現の自由というか様々なメディアが発明されたことによってハラスメントも多様化していて、特にその基準等もあいまいでわかりにくい現状があります。今回は大槻さんの講演で自分の中でもやもやしたものが解消されました。また日本社会のハラスメントの歴史、労働者のストレスなどの話も盛り込まれていて、得るものが多かったです。最後の事例を検討していく場面では丁寧に説明してもらって分かり易かったです。

 

・ためになる学習会でした。パワハラの被害者にも加害者にもならないようにしたいと思います。

 

・昨今、パワハラの労働相談が増えています。パワハラの相談はむずかしく、日々対応に苦慮していましたが今回のセミナーできっかけができた。

 

・ハラスメントはあまり関係がないと思っていたが、身近にあるのだと思った。パワハラの判断基準があるとは知らず大変参考になった。見て見ぬふりは加害者と同じという事を常に意識していきたい。

 

・有意義な学習会でした。ゆとりがない職場が増えている中でこうした学習会は大切になってくると思います。

●ご感想●中間管理職対象「メンタルヘルス講習会」

中間管理職を対象とした、「メンタルヘルス講習会」を行いました。
たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

 

・自分を考え、振り返る時間(機会)となった。

・自分のメンタルの状態も客観的に見えたので、気付きに活かしたい。何気ない一言が(自分はそんなつもりでなくても・・・)相手にストレスを与えているかもしれないと、頭の片隅においておく必要はあるなと思った。

・「気づき」、「傾聴」はすべて人間関係にあっての基本であることが、改めて分かりました。

・自分も意識の持ちようで事象の捉え方は変わるということが印象的でした。いつも他人の気持ちを図れるように余裕をもちたいです。

・普段余裕がなくなっているので、話を聴くことで改めて心掛けることができると感じました。

・講師さん自身の経験からのお話は大変分かりやすく、聞きやすかったです。大変参考になりました。

・自分自身が躁うつ病になる前に先生の話を聴きたかったです。意義のある研修でした。

・分かりやすいお話しでした。

・ストレスを与えない、ストレスを作らない職場環境にしたい。

・大変良い研修でした。

・相談業務をしている事もあり、非常に関心が高く役立った。個人的に講師に相談したい事例がいくつかあった。

・知りたかったことを知る事が出来、非常に有意義であった。

・自分のストレスに気付くと共に、日頃から何かしらうまくストレスを逃がしている自分にも気づく事が出来、自分の良さにも気づけるいい時間となりました。今後に活かしていきたいと思います。

・上の立場になった時もストレスはあるので、その時もやはりストレス解消の方法を持っておかないといけないですね。相談できる人を増やしたい。

・ストレスの派生の過程や経口、対処の方策が分かりやすく解説されていて非常に理解できた。ストレスを溜め込みストレスを自覚している場合の具体的なセルフケアについてもう少し詳しく話してほしかった。

・周囲にうつ状態になりかけている人の正しい声掛け、対処法なども知りたいです。

・自分のあり方や周囲との関わり方を見直す機会となった。

・ストレスを抱えている人が多いように感じるので定期的に全職員に引き続き面談を実施してもらいたい。

●ご感想● 福祉施設管理職対象「メンタルヘルス講習会」

福祉施設管理職対象として「メンタルヘルス講習会」を行いました。
たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

 

・コミュニケーションを取ることの大切さは分かっていたつもりだが、その取り方にも配慮がいる。風通しのいい職場を目指すうえで自分に何が出来るのか。今すぐにできる事は「受容」と「傾聴」と思う。相手の気持ちになって考える事を常に意識していきたい。

 

・叱り方についていつも悩むところですが、感情のままに言うのではなく冷静になってやっていきたい。叱ると誉めることは表裏一体なのだということを学んだ。

 

・自分のソーシャルスタイルを知ることは相手との関わりについての対応に役立つだけでなく、自分の特徴やストレスがかかる要因は何、など自分を知る事へも繋がると思います。更に学習を積んで自分のストレスとも他人のストレスとも上手に付き合えるようになれれば…と思います。

 

・自分が管理職として責任を要求される一方、力量や裁量がない中、待遇や評価、理解が得られないことはとてもしんどいことでした。自分のしんどさを相手の立場にたって思いやる事がラインケアで大事なことなのかなと思いました。セルフケアも大切ということで、自分のモチベーションと多様な価値観のバランスをとるのは難しい事ですが、自覚しながら関わっていきたいと思います。

 

・印象に残った話は「気づきから対応へ」のところです。周りの様子や人を見て、いつもと違う状態に気づくこと、普段からのズレがないか気づくこと等、変化に気づけるようにならないと、と思いました。日々忙しく気づけていないのではと思いますが、余裕を少し持つことで変えていけたらと思います。

 

・メンタルヘルス対策で、変化に気づくことの大切さを学びました。私はあまり気づけない方なので特に周りの事を注意して見ていくようにしたいと思いました。その為にも余裕を持って仕事が出来るように自分のメンタル面も気をつけたいと思っています。そして必要な時にサポートできるように気持ちも体も整えておきたいと思います。

 

・グループワークでは多様な意見を耳にする事が出来て、とても意義深いものでした。例えば、「気軽に相談が出来る人とは」という例題だけでも、話を聞いてくれる人、否定しない人、物理的な近さ、その人の持ち味、丸い人、関心を持ってくれる人、共感してくれる人、分かってくれる人など、相談したい人によって色んなニーズがあること、そしてこれらがそのまま自分たちの目標や心掛けとして転用できることが分かりました。

 

・シフト勤務の中でも職員とのコミュニケーションが本当に難しく感じていて日々の様子から違いに気付けているか、職員の一人一人の方に意識的に声を掛けたりしないといけないと思っています。自分の立場になると意図的な声掛けや接し方になってしまうな…と思うのですが相談しやすい雰囲気作りだったり機会というのを職場全体で作っていけるよう働きかけていきたいです。

 

・多くの職員に目配りをしなければならない立場である事を自覚し、責任の重さを感じました。

●ご感想●働きたい女性対象「就活のためのメンタルヘルス講習会」

働きたい女性を対象として「就活のためのメンタルヘルス講習会」を行いました。
たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・自分にまったく自信が無いので自分を見つめ直すいい機会をもらえました。ありがとうございました。

・改めて自分が働く事の意味を考える事ができました。これからしっかり「自分の足元」を固めて、就職活動につなげていきたいと思います。ありがとうございました。

・自分が弱みと感じている点も武器にできるんだ等、色々な気付きをいただけました。あたたかく、具体的で、とても勇気づけられました。ありがとうございました。

・自分の経験について、点ではなくその延長線上にある線の繋がりが見えて少し自信がつきました。日々生活する中でキャリアを積めていた事がわかり目からウロコでした。

・とても分かりやすかったです。お話にあったように「漠然とした不安」にかられて周りの再就職の声に意味なく落ち込んでいたので、いただいたワークシートを使って今しばらく自分と向き合いたいと思います。今日はありがとうございました。

・40代で新たに仕事を探す事にとっても不安を感じていて、自己否定の気持ちも強くなり始めていた所だったので、今日のお話は本当に力になりました。また明日から求職活動頑張れそうです!ありがとうございました。

・転職希望中ですが、年齢も50歳前で不安が一杯です。講座を受けて少しやわらぎ、前に向いて頑張ってみようと思いました。失敗を恐れている自分がいましたが、失敗しても次があるかもと思い直せるようになりました。頑張ります。ありがとうございました。

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想●医療現場新規採用者対象「メンタルヘルス講習会」

医療現場新規採用者を対象として「メンタルヘルス講習会」を行いました。
たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・自分の思考の癖や考え方の傾向を知り、ポジティブな考えに変更するようにして行く事が大切だと学んだ。また自分の話し方もアイメッセージなど、考えではなく感情を伝えられるようにしていけば、相手も不快に思わず、良い関係を築くことが出来ると学び、意識していきたいと思った。

・ワークシートを見ることで自分自身の事を振り返ることが出来た。今はストレスをあまり感じていないが、これからの仕事等でストレスと感じる場面に多々出くわすことになると思うし、今も時にあるときもある。自己管理をしっかりし、自分を自分で追い込まないようにしていきたい。また自分の時のストレス解消をつくっていきたい。診断テストで自分のパターンも知れたので、自分を理解できた。

・日々の生活に追われて、自分のストレス反応には鈍いと思います。疲れていて年齢的なものだと思い放置しがちなので気をつけようと思いました。

・自分のストレスパターンを知り、自分の特徴を知った上で、考え方・行動をしていくことが必要だと思いました。相手のことだけでなく、自分のこと(感情)にも目を向けて、ポジティブな発言に変えることが出来るようにしていきたいと思いました。

・自分自身のストレスの感じ方や、実際に今自分に起きているストレス反応を知ることが出来た。また、心の4つのサイクルについて理解することができたので、自分のストレスコーピングにつなげていけるようにしたいと思った。

・仕事は一生懸命頑張りたいが、自分が健康でないと職場にも影響を与えてしまうため、自分自身が自分の体調の変化に気づく事、うまく切り替えることで管理することが大切だと思った。

・自分が感じているストレスが自分にどのような影響を与えているのか、あまり考えた事がありませんでしたが、今回の講義ではストレスに対する考え方が変わり、ストレスと向き合ってみようと思いました。普段の行動を少し変えるだけでストレスのかかり方が変わり、相手へのストレスも軽減できることが良く分かりました。

・自分のストレスには気付かないものだなと思いました。
定期的にストレス発散して、ためこまないようにしていかないと、私自身も疲れるし、仕事効率も悪くなると知ることができたので、今後注意していきたいです。

・自己健康管理として、物事を客観的に捉えたり、見方・考え方の切り替えを行ったりしながらストレスを真正面から受け止めず、肯定的思考と言動で乗り切っていこうと思いました。

・自分の考えの癖を把握しながら、刺激に対する捉え方を意識していきたいと思いました。
人の話をもっと丁寧に聴ける人になりたいと思いました。ポジティブな言葉を使っていきたいと思います。

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想●福祉施設関係者対象「メンタルヘルス講習会」

福祉施設関係者対象として「メンタルヘルス講習会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・講習を受けることで周囲の様子に気づくことも大切ですが、改めて自分自身のことを見つめることが大切だと思いました。

・今までも周囲に元気のない人がいたら声掛けをしてきましたが全く効果がありませんでした。今回の講習で「聴く」ことの大切さどのような声掛けをしたらいいのかを学ぶことができました。

・この職場は精神疾患で辞めてしまう人が多いと感じます。今日の講習で学び気づいたことを実践し、みんなが長く元気に働ける職場にしたいと思います。

・具体的な声掛けの方法、自分の心身の状態やセルフケアの方法などわかりやすい講習でした。日頃から気をつけたいと思います。

・今回のメンタルヘルス講習会を同じ職場のみんなで一緒に受講できたことに大きな意味があると感じました。みんなで共有することが大切だと感じました。

・直ぐにでも改めて「あいさつ運動」を取り入れたいと思います。

・ストレスについての理解が深まりました。周囲の人への興味を持ちその変化に気づくこと、自分の思いを話すことの大切さを再確認しました。この気づきを大切にしていきたいです。

 

お忙しい中、たくさんのご参加ありがとうございました。
 

産業カウンセラー  大槻 久美子

●ご感想●教育現場関係者対象「メンタルヘルス講演会 睡眠について」

 

教育現場関係者対象として「メンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・睡眠について知りたいと思っていたで今回の研修は、とても面白かったです。

・日頃、睡眠について考えてこなかったことに気づかされました。

・自分が知らず知らずのうちにストレスを感じていた。睡眠は、量でなく質が大切とわかりました。

・睡眠は、長くてもいけないということを知りました。

・夜寝る前のアルコールは、眠りにつながらないことは初めて知りました。

・長時間労働などの開く証券の中での対処療法として参考になりましたが、抜本的な問題解決が大切だと改めて感じました。

・生活、仕事の質を高めるには、睡眠の質を高めることが大切だとわかりました。

・眠りすぎてもよくないということがデータとして出ていたので面白かった。

 

忙しい中多くの方にご出席いただきありがとうございました。
 

産業カウンセラー 大槻 久美子

●ご感想●教育現場関係者対象「メンタルヘルス講演会」

教育現場関係者対象として「メンタルヘルス講演会」を行いました。

たくさんのご感想をいただきました中から一部をお届けいたします。

ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

●ご感想●

・受容してから聴くとか、相手の言葉を伝え返すことなど一番大切なことをリズミカルに教えていただき、とても分かりやすかったです。Iメッセージ(私は~)も実感しました。とてもいい時間でした。楽しく和やかにお話を聴けてよかったです。ありがとうございました。

・お世話になりました。タイムバジェットを実際に書いてみると、改めて仕事に多く時間を使いすぎていることが分かりました。シンデレラタイムをとれるようにがんばります。アドバイスでは人は変わらないということが納得できました。

・毎回為になる話を聞かせていただきありがとうございます。自分もそれなりに経験を積んだ立場にいるので、周囲に「頑張ったね」「有難う」と言えるように余裕を持ちながら仕事をしていきたいと思います。実際はストレスを感じたり長時間労働をしている同僚もいるので組織としてどう対応していけばよいかという点が課題だと思います。後半の話を来年またじっくり聞かせてもらえたらと思います。

・コミュニケーションを妨げる12の聴き方のところで、色々な口調で言われたことに、日頃の自分の振り返りをすることができました。自分で気づき反省する機会がもてたことがありがたかったです。

・相談したい人はどんな人か考えると同時に、自分は相談されたい人の要素を持っているか考えた時、足りていないものが多いことに気づきました。求めるばかりでなく自信を磨くことが必要だと思いました。

・うまく人とコミュニケーションをとる上で、どのような聴き方や言い方(伝え方)をすれば、人に嫌な気持ちをさせることなくやりとりできるのかよく分かった。職場でのコミュニケーションだけでなく、家庭での育児などでも生かせられると思ったし、聴き方や伝え方について見直していきたいなと感じた。ありがとうございました。

・相手に対する思いを、言葉を変えるだけで受け取り方が全く変わることを知りました。日常的に自分の考えと違う相手に自分はどう話しているか?どう接しているのか?を振り返ることができました。生徒に対してもきちんと気持ちを聞いて理由を言いやすくしてあげることの大切さを知りました。ありがとうございました。

・相手の身になって、立場に立って話をすることの大切さがよく分かった。言葉ひとつで相手が気持ちよく仕事に応じてくれたり頼みごとに応じてくれたら、組織(職場)はうまくまわるのではないかと思います。管理職だけではなく、同僚間でも同じことですね。

・具体的なお話で、ハッとしたりなるほどと思ったりして、とてもよい研修でした。お互いに相手の事も自分の事も気遣えるような職場を作っていくことが大切だと思いました。
 

講師 産業カウンセラー 大槻 久美子
ページ上部へ