ホーム>ニュース>施策・法令・指針 最新情報

施策・法令・指針 最新情報

●第119回労働政策審議会安全衛生分科会(資料)

 

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い省令に おいて定める内容(案)」

について、改正労働基準法第41条の2に規定する高度 プロフェッショナル制度に関するものを中心に検討

されました。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183227_00007.html

 

●「安全衛生優良企業セミナー&発表会2018」を開催されます

 

〜11月から全国6都市で、安全衛生優良企業公表制度を分かりやすく説明〜 厚生労働省は、「安全衛生優良

企業公表制度」を広く知ってもらうためのセミ ナーを、11月から全国6都市(宮城、東京、愛知、大阪、

広島、福岡)で開催 します(参加無料)。

「安全衛生優良企業公表制度」とは、労働者の安全や健康を確保するための対 策に積極的に取り組み、

高い安全衛生水準を維持している企業を、都道府県労 働局長が認定し、厚生労働省のホームページで

企業名を公表する制度です。 認定を受けることで、健康・安全・働きやすい企業であることをPRでき、

求 職者へのアピールにも効果を発揮することが期待されます。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01946.html

 

●「平成30年版 労働経済の分析」が公表されました

厚生労働省は、本日の閣議で「平成30年版労働経済の分析」(「労働経済白書」)を 報告しました

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01633.html

 

●心理的な負担の程度を把握するための検査実施状況(平成29年)

労働安全衛生調査の対象事業場のうち、常用労働者50人以上を雇用する事業場について 実施状況が

公表されました。 労働安全衛生法に基づくストレスチェックを実施した事業場割合は78.9%でした。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/000361834.pdf

●11月は「過労死等防止啓発月間」です

厚生労働省では、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすために シンポジウムや

キャンペーンなどの取組を行います。この月間は、「過労死等防止対策推進法」 に基づくもので、

過労死等を防止することの重要性について国民に自覚を促し、関心と理解を 深めるため、毎年11月に

実施しています。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177422_00001.html

 

●「平成30年版過労死等防止対策白書」が公表されました

政府は、過労死等防止対策推進法に基づき、「平成29年度 我が国における過労死等の概要 及び政府が

過労死等の防止のために講じた施策の状況」(平成30年版過労死等防止対策白書) を閣議決定しました。

厚生労働省では、「過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けること のできる社会」の実現に向け、

引き続き過労死等防止対策に取り組んでいきます。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000179592_00001.html

 

●労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」を 公表されました

 

厚生労働省では、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」による改正後の

労働安全衛生法第104条第3項に基づき、「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いの

ために 事業者が講ずべき措置に関する指針」を策定し、公表されました。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_01170.html

 

●平成29年「国民健康・栄養調査」の結果が公表されました

 

平成29年「国民健康・栄養調査」の結果 ~高齢者の健康づくりには、食事、身体活動に加えて、生活

状況も踏まえた視点が重要~ このたび、平成29年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果が取り

まとめられました。 平成29年調査は、毎年実施している基本項目に加え、高齢者の健康・生活習慣 の

状況を重点項目とし、高齢者の筋肉量や生活の様子について初めて把握して います。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→  https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189_00001.html

●厚生労働省は、ディズニー映画最新作『プーと大人になった僕』(9月14日(金)全国ロードショー)と 「ワーク・ライフ・バランス」をテーマにタイアップポスターを作成しました。

 

 

映画『プーと大人になった僕』では、大人になった主人公クリストファー・ ロビンが家族との時間も

作れないほど仕事に奔走する中、プーとその仲間との 再会を経て、「本当に大切なモノ」とは何なの

かを見つけ出す姿が描かれてい ます。今般、厚生労働省が伝えたい「ワーク・ライフ・バランス」の

テーマと この映画が伝えたいメッセージ「本当に大切なモノ」との親和性から、タイア ップが実現し

ました。 「ワーク・ライフ・バランス」とは、働くすべての方々が、「仕事」と育児や 介護、趣味や

学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和を図 り、その両方を充実させる働き方・生き方

のことです。厚生労働省は、この「 ワーク・ライフ・バランス」の実現に向けて、年次有給休暇を取得

しやすい環 境を整備する取組として、「仕事休もっ化計画」の普及・啓発活動を行ってお り、その重要性

などを広く国民に伝えていきたいとの考えです。 なお、今回作成したポスターは、都道府県や市区町村、

都道府県労働局や労働 基準監督署、事業主団体、大学などに配布される予定です。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/newpage_00007.html#

●「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」の報告書が公表されました

 

「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)を踏まえ、「今後の障害者雇用促進制度の

在り方に関する研究会」を開催し、平成29年9月から議論を重ねてきました。この度、本研究会の報告書を取り

まとめましたので、公表いたします。なお、本報告書の内容は、 今後、労働政策審議会(障害者雇用分科会)

に報告し、議論に繋げていくこととしています。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00679.html

ページ上部へ