ホーム>ニュース>2018年3月

2018年3月

■事例検討集■~第1回 ハラスメント事例~パワハラ?それとも・・・?

 

実際にこれまで対応してきた職場でよくある事例を様々な角度から 皆様と一緒に解決し、

ご紹介していきたいと思います。 職場での対応のひとつになれれば光栄です。

 

第1回目は、ハラスメント事例です。

ぜひ、一緒に検討していきましょう。

 

▼その1 ~事の発端~

▼その2 ~事実確認で見えてきたこと~

▼その3 ~最後の面談~

 

●職場の総合情報サイトがオープンしました。

様々な働き方がある中で、雇用管理の改善に積極的な企業の情報を掲載し、

就職や転職を考えている方に職場情報の検索や比較が出来るサービスを 提供します。

企業による職場情報の開示は、求職者が就職前に職場の実態を知ることが できるため、

就職後のミスマッチを可能な限り防止することができ、 求職者が望む働き方にあった企業の選択が可能になります。

また、企業に とっても優秀な人材を確保しやすくなるメリットや、職場改善への取組が 評価され、

優秀な人材の獲得につながることが期待されるものです。

 

詳細はこちらへ(厚生労働省)

→ http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouzenpan/syokubajouhou/index.htm

 

●「第13次労働災害防止計画」について労働政策審議会より答申が行われました。

 

昨年7月から同審議会の安全衛生分科会において審議を重ねてきた結果に 基づき、

厚生労働大臣に対し、「第13次労働災害防止計画」について答申が 行われました。

 

【主な目標】

・2022年までに、労働災害による死亡者数を15%以上減少させる(2017年比)

・この他、労働災害による死傷者数(休業4日以上)、重点業種、 メンタルヘルス対策、

   化学物質による健康障害防止対策、腰痛予防対策、 熱中症予防対策について数値目標を設定。

 

【メンタルヘルス対策における目標】

・仕事上の不安・悩み・ストレスについて、職場に事業場外資源を含めた

   相談先がある労働者の割合を90%以上(71.2%:2016年)

・メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合を80%以上 (56.6%:2016年)

・ストレスチェック結果を集団分析し、その結果を活用した事業場の割合を 60%以上(37.1%:2016年)

 

詳細はこちらへ(厚生労働省) → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000194436.html

 

ページ上部へ