ホーム>ニュース>2015年12月

2015年12月

●年末年始のお知らせ●

お年末年始のお知らせ

12月26日(土)~1月4日(月)までお休みさせていただきます。

新年1月5日(火)AM10:00より営業いたします。


よろしくお願い致します。

■ストレスチェックQ&A (9)■

Q:12月1日になりましたが、実際に何から手を付けて開始すればいいのでしょうか。

 

A:ストレスチェック制度は、職場の衛生委員会が主体になって進めることが指針においても推奨されています。

そこで、具体的に実施していかないといけないことをまとめてみます。

 

衛生委員会がやるべきこと

  • ストレスチェック制度の実施に関する規定を定める

(参考資料/ストレスチェック制度実施規定(例))

  • ストレスチェック実施計画の策定(添付資料)

(参考資料/事業場における心の健康づくり計画及びストレスチェック実施計画(例)

事業所がやるべきこと

  • ストレスチェック実施の趣旨および社内規定の周知

参考資料/ストレスチェック受験のための勧奨文書(例)

  • 実施者・実施実務従事者の選定

(参考資料/委託外部機関選定リスト(例)

  • 同意のあった者の結果記録に保存環境を整える
  • 面接指導の申し込み受付(日時の決定)体制を整える

 

実施者の役割

  • ストレスチェック調査書の提案・助言
  • 個人のストレスチェック結果を直接通知

(参考資料/あなたのストレスプロフィール結果表示・説明文(例)

  • 面接指導の実施と意見書の作成

(参考資料/面接指導結果報告書及び事後措置に係る意見書(例)

  • 面接指導者に対して、医師による面接指導の推奨

(参考資料/医師の面接指導の為の勧奨文書(例)

  • 面接指導以外にもストレスチェック結果に関する相談対応
  • 集団分析による職場の状況把握と事業者への通知

 

ぜひ、それぞれの役割に応じての実施体制を整えていってください。

 

厚生労働白書が公表されました。

厚生労働省より、「平成27年版 厚生労働白書」が公表されました。

「厚生労働白書」は、厚生労働行政の現状や今後の見通しなどについて、毎年とりまとめられており、平成27年版は、第1部は「人口減少社会を考える~希望の実現と安心して暮らせる社会を目指して~」、第2部「現下の政策課題への対応」となっています。

【詳細はこちらへ(厚生労働省)】

→ http://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/

 

厚生労働省にて「ストレスチェック制度における労働基準監督署への報告書の提出について」が追加されました。

 

厚生労働省にて「ストレスチェック制度における労働基準監督署への報告書の提出について」が追加されました。

PDF:ストレスチェック制度における労働基準監督署への報告書の提出について

厚生労働省にて「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」ダウンロードサイトが公開されました。

 

厚生労働省にて「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」ダウンロードサイトが公開されました。

【詳細はこちらへ(厚生労働省)】 
→http://stresscheck.mhlw.go.jp/

 

ページ上部へ