ホーム>法人・団体の皆様へ

法人・団体の皆様へ

法人・団体の皆様へ

これからは健康管理が大きな経営課題!

これからは健康管理が大きな経営課題!

近年企業には、「従業員の健康管理」や「職場の安全配慮義務」への対応が厳しく問われています。
また、単なる義務履行の観点だけでなく、少子高齢化が進展する中で、貴重な人材を有効に活用し、健全な経営を維持するためには、「健康問題」への取り組みがますます重要になります。

特に目に見えない「心の問題」である「メンタルヘルス問題」については、対応が不十分な場合、長期間の休職、労使間紛争、労災事故の発生など、企業には大きな損害を及ぼします。

そこで、私達は、外部EAPとして企業のメンタルヘルス対策をきめ細かくサポートするために、働く人々の心のケアを専門にし、豊富な経験と実績を有する産 業カウンセラーが力を合わせ貴社従業員の「メンタルヘルス対策」をサポートする「メンタルヘルス支援プログラム」をご用意いたしました。

BigSmileの役割とは

企業に対しては・・・生産性向上につながる問題解決のための支援をおこないます。
       
社員に対しては・・・仕事上のパフォーマンスに影響を与える様々な問題を見つけ、解決し、
職場への適応力向上を支援します。

ニーズ・悩み別 サービス導入方法

ニーズ・悩み サービス導入パターン
  初年度   次年度
残業が恒常的になっておりメンタル不全予備軍が増えている
  1. 心と体の相談窓口
    (電話・メール・面談)
  2. ラインケア研修
  3. セルフケア研修
  4. ストレスチェック
  5. 出張面談
    (全員カウンセリング)
矢印
  1. 継続研修(事例検討)
  2. 職場改善活動
  3. 衛生スタッフ研修
社員の定着率が悪い
社員が働きやすい環境を作りたい
社内にメンタルヘルスの専門家がいない
労働組合からメンタルヘルスに関する要望が出た
休職者が出ている
  1. 職場復帰支援
  2. 心と体の相談窓口
    (電話・メール・面談)
  3. ラインケア研修
矢印
  1. セルフケア研修
  2. ストレスチェック
  3. 出張面談
    (全員カウンセリング)
社内に事故・事件・自殺者などが発生した
  1. 心と体の相談窓口
    (電話・メール・面談)
  2. 出張面談
    (全員カウンセリング)
矢印
  1. セルフケア研修
  2. ラインケア研修
  3. ストレスチェック
特に問題は、発生していないが国の指針を踏まえて企業として取り組みたい
  1. ストレスチェック
  2. 心と体の相談窓口
    (電話・メール・面談)
  3. セルフケア研修
矢印
  1. 出張面談
    (全員カウンセリング)
  2. ラインケア研修
  3. 衛生スタッフ研修

BigSmileの実施内容

職場におけるメンタルヘルス対策のガイドラインとして、厚生労働省が2006年3月に発行した「労働者の心の健康の保持増進のための指針」にて、事業場において事業場の衛生委員会が講ずるように努めるべき労働者の心の健康の保持増進のための措置としています。
そこで、BigSmileは、「カウンセリング・コンサルテーションを中心としたプログラム」を構成し厚生労働省がガイドラインで定める4つのケアに沿った総合的なメンタルヘルス支援プログラムを実施します。

 

事業者は、次の4つのケアの推進

  1. 労働者自身の「セルフケア」
  2. 管理監督者による「ラインケア」
  3. 事業場内の健康管理担当者による
    「事業場内産業保健スタッフによるケア」
  4. 事業場外の専門家による
    「事業場外資源によるケア」
矢印

その円滑な推進のため、次の取り組みを実施

  1. 管理監督者や労働者への教育研修・情報提供
  2. 職場環境の把握と改善
  3. メンタルヘルス不調への気づきと対応
  4. 労働者が自発的に相談できる体制づくり
  5. 職場復帰支援

トータルサポートイメージ

メンタルヘルス対策は、事業場内・外の連携が最重要課題になります

  予防 早期発見 早期対処・再発予防
従業員
  • メンタルヘルスの理解
  • ストレスマネジメント
  • ストレス耐性の強化
  • 生活リズムの自己管理
  • 症状への気づき
  • コミュニケーションの改善
  • 自発的な相談
  • カウンセリングの活用
  • 医療機関の受診
  • 十分な休養
  • ものの見方と考え方の
    見直し
企業
  • メンタルへルスに関する啓蒙と誤解の払拭
  • 働きやすい組織づくり
    (人間関係、業務内容、時間管理等)
  • 部下の変化への気づき
  • 個別相談の実施
    (積極的傾聴)
  • 積極的な声かけ
  • 相談体制づくり
  • 職場復帰支援
  • 再発予防の組織改善
  • 社内規定などの見直し

 

メンタル支援プログラム

「疾病対策」と「健康な組織づくり」を目的に開発したプログラムを提案し組織の健康をトータルにサポートします。

メンタル支援プログラム

コンサルテーションサービス

①面談による組織分析等のコンサルテーション

ストレスチェックやカウンセリング内容等職場にとって必要なことは全てご本人の了承をいただいた上で職場へフィードバックを行います。※個人情報には十分配慮いたします。

②衛生スタッフ、人事担当者様の相談や打ち合わせ

メンタルヘルス支援に携わる衛生スタッフ様や産業医、保健師の方との打ち合わせや連携に伴う相談対応を実施しいたします。

ストレスチェック

2011年4月より定期健康診断にて「ストレスチェック」が義務付けとなりました。そういった背景も含め、半期に1度(年2回)仕事でのストレス度合いや職場のコミュニケーション、うつ病チェックなどの項目にてストレスチェックを実施し各部門・部署・年齢などで分析を実施します。また、カウンセリングサポート(全従業員カウンセリング)にも使用しながら従業員のメンタル不全予防への意識の向上と気づきを促します。
推奨:年2回

相談窓口の開設(フリーダイアル(随時)・メール(随時)・面談(要予約))

産業カウンセラーとの相談・カウンセリング体制整備によりメンタル不全の早期発見、対処を実施します。
電話、メール、面談でのカウンセリングを行います。また、各種専門機関のご紹介等を行います。
相談内容:体調の不調、仕事の悩み、個人的な悩み、ハラスメント問題、メンタル不全の部下への対応等

  • 電話カウンセリング:1回60分
  • メールカウンセリング:A4 1枚程度
  • 面談カウンセリング:1回90分

カウンセリングサポート

全従業員を対象に専任カウンセラーが職場まで出向く『出前型カウンセリング』
全従業員を対象にカウンセリングすることにより、表出しない問題やメンタル不全の早期発見・対処を図ります。
また、職場環境改善に業務分析や業務改善の一歩に繋がります。

メンタルヘルス研修

メンタルヘルス研修

正しい知識や技術の習得や啓発により、職場での予防や早期発見・対処を図ります。
研修は、ワークショップ、ロールプレイング形式、事例検討方式を採用することで実際に様々な技術を体験することができ、更にグループ間での意見交換により相互の学習が可能になり、自己理解が深まります。
その他、対象者や職場のニーズに応じたカスタマイズ対応が可能。

研修内容
セルフケア研修
  • メンタルヘルス基礎講座
  • リラクセーション
  • ものの見方と考え方
  • コミュニケーション
  • 職場のハラスメント
ラインケア研修
  • 管理監督者のためのメンタルヘルス基礎講座
  • 対人関係構築講座
  • 聞き方訓練
  • 伝え方訓練
  • ハラスメント問題
  • 職場復帰
  • 事例検討
衛生委員研修
  • 職場におけるこころの健康づくり計画
キャリア研修
  • リーダーシップ研修
  • ファシリテーション研修
  • 年代別研修
  • ワークライフバランス

職場復帰支援

休職中の社員を個別にサポート、会社(上司、人事、産業医等)や主治医、家族との連絡をとり円滑な職場復帰を支援します。また、御社職場復帰プログラムとの連携を行いながら再発のない職場復帰を支援します。更に、職場復帰後も再燃、再発のないようにメンタルトレーニングによるフォローを実施します。

職場と専門家が連携をした職場復帰支援

職場復帰支援

休職開始~休職中 ならし勤務期間 復帰後のフォロー

休職期間中及び復職意思の決定

  • 有効な休養方法やものの見方や考え方の修正や休職原因理解のためのカウンセリング
  • 復職後のキャリアビジョン構築

職場復帰に向けたスケジュールの作成

  • 職場復帰支援チームと連携して作成
主治医、産業医との連携
職場とのコンサルテーション

情報の収集と評価

  • 本人の状態把握のための経過観察カウンセリング及び可否判断カウンセリング
  • 復職職場への復職説明会の実施

職場復帰プランの作成と職場復帰の可否判断

  • 職場復帰支援チームと連携して作成・実施・職場復帰可否判断の実施
主治医、産業医との連携

フォローアップカウンセリング

  • メンタルトレーニングによりストレス耐性の強化
  • 今後のためのキャリアカウンセリング
職場の環境調整

法人様・団体様 お問い合わせ・ご予約フォーム

ページ上部へ