ホーム>スタッフブログ>カウンセラーのつぶやき>●大槻カウンセラーのつぶやき●~年末年始と聞くとやってくる「冬季うつ」~
カウンセラーのつぶやき

●大槻カウンセラーのつぶやき●~年末年始と聞くとやってくる「冬季うつ」~

 

早いものでもう12月のカレンダーがやってきました。 外は、どんどんと冬の空に変わってきています。

そして、職場では、 一年の締めくくりや楽しいイベントが続くはずのこの時期に、

ふと気づくと疲労感や気持ちの落ち込みを感じていませんか?それはもしかすると「冬季うつ」かもしれません。

 

うつ病といっても様々なタイプがあります。

例えば、うつ病は気分の落ち込みが特徴的な心の病。朝起きた直後が 一番気持ちが冴えず、夕方になると

少し気持ちが軽くなる 「メランコリー型うつ病」や、気持ちの落ち込みに対する自覚が少なく、頭痛や腹痛などの

体の症状が目立つ「仮面うつ病」などがあります。その中でも最も季節性と深く関わっているものが「冬季うつ病」です。

 

冬季うつ病の特徴は、10月~11月頃に「うつ的な気分」がはじまり、 翌年2月~3月頃に治っていくとされ、

この時期ずどんと落ち込みが強くなる、 冬季に限定されているところです。

日照時間が短くなる秋から冬にかけて 「うつ傾向」が強まり、春になると自然とうつ状態から回復して元気になる

と いう季節性があります。また、20~30代の女性に多い症状でもあるのです。

 

冬季うつ病の症状は、一般的なうつ病の症状と大きく変わることは ありませんが一部冬季性うつ病特有の症状もあります

 

① 気分の落ち込み

② 今まで楽しんできたことを楽しめない

③ ぐったりとして疲れやすい

④活動量の低下

⑤ 眠気が強く、睡眠時間が長くなる

⑥ 食欲の亢進、特に甘いものが欲しくなる

⑦ 一度発症すると毎年繰りかえす

 

① ~④といったような一般的なうつ病と同じような症状もありますが、⑤~⑦のような一般的なうつ病とは

全く逆の症状があるのも 特徴の一つになります。

冬季うつ病は、11月頃から意識し始めそのうち2月頃になると自然に治って いくため「冬になると毎年こんなもんだ」

と思っている人も多いですが、日常生活に支障を来たすようなことがある場合は、一般的なうつ病と同様に病院に

行っていただくことをお勧めします。

 

また、「もしかしたら自分もかも?」と心配になる方のために日常から できる対処方法をお伝えしておきます。

冬季うつ病は、日照時間が原因していることは、わかっています。

日照量に限らず、一日中日の差し込まない部屋で仕事をするなどの 生活環境でも、同様の症状が生じるリスクがあります。

自分の生活環境がこれに当てはまると考えられる人は、 心の健康のためにも、外で過ごす時間を増やすよう

心がけましょう。

また、朝起きた時にはしっかりと朝日を浴びるようにしてみること。また、一定のリズム運動をすることも

良いとされています。

例えば、ガムをかむや自転車に乗る、歩くなど日常の動きからでも 十分予防はできるとされています。

 

冬季うつ病は、季節が春に変わる頃には、 症状もなくなり治るとされていますが、軽く考えることは危険です。

なぜなら、一度発症すると毎年繰り返される特徴があるためまずは、冬季うつ病にならないように日常からの

予防が大切です。

 

産業カウンセラー 大槻 久美子

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ns-bigsmile.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/321

ページ上部へ